お金を育てる

資産運用

いよいよ「つみたてNISA」がはじまるので商品の選び方を教えるよ

更新日:

2018年からつみたてNISAをいう制度が始まります。

これを機に投資を始める方もいらっしゃると思うので、このつみたてNISAにおける投資商品の選び方を解説していきたいと思います。

 

つみたてNISAって何だ?

そもそもつみたてNISAって何だ?という人もいらっしゃるのでここでは簡単に説明しておきます。

つみたてNISAの特徴(金融庁のホームページより

NISAという制度自体は、すでに始まっているのですが、2018年から始まるつみたてNISAとの違いは何でしょうか?

最近、マネー系の雑誌などで特集が組まれることが多いのでご存じかもしれませんが、簡単に言ってしまえば、次のようなものだと考えればいいと思います。

つみたてNISA:長期の運用、運用初心者、投資できる商品が少ない

NISA:短期の運用、運用上級者、投資できる商品が多い

つみたてNISAでは、主に老後の資金向けの運用が適しているでしょう。(若い人でしたら子どもの教育資金としても有効だと思います)

 

つみたてNISAでは、どのような商品に投資するのがいいか

まずは、資産配分を決める

まず、決めなくてはならないのが、どのような資産にどのくらい投資するかの配分を決めることです。

つみたてNISAでは、株(日本、先進国、新興国)リート、債券などのアセットクラスへの投資ができます。

この中でリスクが大きいとされているのは株であり、低リスクと考えられているのが債券です。

さらに株の中でも先進国を対象にしたものは、新興国を対象にしたものよりもリスクが低いとされています。

つまり、こういうことになります。

  • リスクを低く抑えたい人は債券型を多めにする
  • リスクを恐れず高いリターンを目指す人は株式を多くする

付け加えると運用期間の長さも重要な要素となります。これは若干話がややこしいので結論だけを言うとこうなります。

  • 運用期間が長ければ株が有利
  • 運用期間が短いと株の場合、損失を出す可能性が高くなる

このポイント押さえて資産配分を決めましょう。

インデックス型かアクティブ型か

資産配分を決めたらいよいよ、どの商品に投資するかを決めていきたいところですが、もうひとつ決めておくべきことがあります。

それはインデックス型にするかアクティブ型にするかです。

インデックス型というのは、決められた指数(たとえば日経225やTOPIX)に連動するように運用するもので、パッシブ型ともいわれています。

一方のアクティブ型というのは、そうした指数に連動するのではなく、指数を上回るリターンを目指してファンドマネージャーが投資先を決めていくものになります。

一般的に多くのアクティブ型投信はインデックス型に勝てないという事実があることや信託報酬(運用してもらうコスト)が高くなる傾向があるので、基本的にはインデックス型を中心に組み立てていくことがよいでしょう。

僕は基本的にはインデックス型でコストを抑えていく方が賢明だと考えています。

 

いよいよ投資商品を決める

まずは、どの指数が過去にどのくらいのリターンを出しているのかをみましょう。雑誌などでは直近1年や長くても3年くらいの成績しか掲載していませんが、ここで大切なのは長期のリターンがどのくらいになるかということです。これを調べるにはmyINDEXというサイトが便利です。

ここでは具体的に株式指数の20年の年率平均リターンをみてみましょう。海外の指数はすべて円換算のリターンです。

  1. TOPIX 3.2%
  2. 日経平均 1.5%
  3. MSCIコクサイインデックス 6.6%
  4. MSCIエマージングマーケットインデックス 7.5%
  5. ダウ平均 5.6%
  6. S&P500 7%

こうして見てみると日本の指数のリターンが低いことがわかります。

今後もこの傾向が続くかはわかりませんが、少なくとも僕は海外の指数を中心に据えようと考えています。

僕の考えるポートフォリオ

指数 配分 過去20年の年平均リターン 40万円が20年間で
MSCIコクサイインデックス 50% 6.6% 144万円
MSCIエマージングマーケットインデックス 30% 7.5% 170万円

 

この2つの指数をベースに残り20%は、TOPIXかS&P500に連動する投信に配分することになるでしょう。

また、実際につみたてNISAが始まったら別の記事にまとめたいと思います。

 

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-資産運用
-,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.