ライフハック

日常の消費行動を投資に変えていくことが幸せへの最短ルートだ

更新日:

このブログでは消費を投資に変えていくための考え方や実践本法を書いています。

今回の記事は「仕事や家事を投資の視点で見てみる」というテーマです。

多くの時間を割くことになる仕事と家事をより効率的なものにし、幸せにつなげるための方法論と考え方を紹介していきます。

仕事も自給の仕事(フロー型)から不労所得(ストック型)に変えていく

まず多くの人にとって起きている時間のうち大半は仕事に費やされていることと思います。

もちろん、これは仕事があるということで喜ばしいことでもあるのですが、いつまでも仕事をしなければ生活できないままではいけないと思うのです。

その状況から抜け出すためには、時給の仕事からの脱却が必要になってきます。

時給の仕事というのは一度の仕事で一度の給料がもらえる仕事ということです。

いわゆるアルバイトやパートの働き方ですが、会社員の人も時給が月給に変わるだけであってこのスタイルです。

このような働き方をしている限り、収入を上げるためには時給をあげるか働く時間を増やすしか選択肢がありません。

これがフローベースの働き方です。

一方、一度の仕事で何度もあるいは半永久的に収入が入る仕事のやり方もあります。

わかりやすいのが本の作家さんの仕事です。

作家さんの仕事は当然本を書くことですが、その収入は印税という形で入ってきます。

これは、本の売り上げの一部が作家さんの収入になるということです。(正確には発行部数に比例)

つまり、本が売れ続けるかぎり収入も入ってくるのです。また、その本が映像化されたり、キャラクタービジネスにつながればそこからも収入が入ってきます。

もちろん、すべての人が売れっ子作家になれるわけではないですが、同じような仕組みをつくることはできます。

身近なのがプロブロガーや最近話題のユーチューバーといった職業です。

ブロガーさんの収入のつくりかたはそれぞれでしょうが、広告などをベースにしていれば記事が読まれつづける限り広告収入も入ってきます。つまり、一度の仕事で何回もお金が入ってくるのです。また、人気のブロガーさんであれば、ブログが書籍化されそこからも収入が入ってくるようになったりもします。ユーチューバーの方々も基本的には同じような仕組みです。

また、不動産投資など金融資産への投資も一度の仕事で何度も収入がはいってくる点では、こういったストック型の収入といえます。

こういったストック型の収入を増やしていくことが、自由な時間を確保し、さらに新たな分野への挑戦をするためには必要なのです。

 

日常の些細なことも投資の視点で眺めてみる

つぎは、より身近な例を見ていきましょう。

たとえば、家事なんかも投資のしがいがある分野だと思います。

普段、家事をしている人はわかってくれると思いますが、毎日毎日同じようなことを繰り返さないといけないのが家事という仕事です。

しかし、その中にはあなたがやらなくてはならないものもあれば、他の人、あるいはロボットがやってもよい仕事もあるのです。

ロボット、つまり機械にできることは機械に任せていきましょう。そうすることであなたの自由な時間が生まれます。

たとえば、掃除。これはルンバが普及したことで機械がやれる仕事になってきつつあります。

また、家事をやっていて意外と時間をとられるのが皿洗い。これもできるかぎり機械に任せた方がいいでしょう。

このような機械への投資をすれば、一日に1時間単位の自由な時間が生まれます。その時間をつかって勉強したりブログを書いたりして収入につなげるもよし、また家族団らんの時間にしてもそれはよいリターンだといえるでしょう。

このように普段の仕事から日常の家事も「投資」という視点で見てみれば、今までは気づかなかったようなことにも気づけるようになるのです。

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-ライフハック

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.