右肩上がりのチャート

仮想通貨

ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの年度別リターンのまとめ

投稿日:

2017年に仮想通貨は大きく高騰しました。そのリターンに惹かれ多くの投資家が仮想通貨市場に参入してきています。

しかし、本当に仮想通貨市場のリターンは大きいのでしょうか。

過去のデータをもとに各通貨のリターン推移をみていき、そこからどのようなことに注意して投資していけばいいかを考えてみたいと思います。

 

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、DASH、Moneroの過去のリターン一覧

ビットコイン イーサリアム リップル ライトコイン DASH Monero
2017 1369.02% 9382.83% 35159.85% 5260.28% 9281.62% 2431.04%
2016 123.75% 754.23% 5.75% 24.43% 236.64% 2827.51%
2015 34.37% -67.84% -75.31% 27.94% 65.99% 7.83%
2014 -57.59% N/A -10.70% -88.83% 821.00% -82.40%
2013 457.29% N/A 360.03% 466.28% N/A N/A
全期間平均 385.37% 3356.41% 7087.92% 1138.02% 2601.31% 1295.99%
全期間平均(除く2017年) 139.45% 343.19% 69.94% 107.45% 374.54% 917.65%

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、DASH、Moneroの各年のパフォーマンスを一覧にしたのが上の表です。

※データはhttps://coinmarketcap.comのものを使わせてもらっています。(ドル建て価格)

*年初の価格と年末の価格を元に計算していますが、各通貨、最初の年(ビットコインの場合2013年)は、年初の値ではなく、上記のサイトに数値が掲載された最初の日の値になっています。

 

これをグラフにするとこうなります。

リップルの2017年のリターンがすごすぎて他の通貨がかすんでみえますね(笑)

2017年のデータを除くとこのようになります。

ようやく他の通貨のリターンがしっかりと見えるようになりました。

こうしてみてみると、年ごとのリターンにおおきなばらつきがあることがわかります。

2013年や2016年は全体的に高いリターンでしたが、2015年は全体的に冴えません。

2014年は全体的に冴えませんが、DASHだけ高騰しています。

 

各通貨のリターン平均値はこうなっている

全期間の平均をみるとリップルのリターンがダントツに大きいですが、2017年のデータを除くと最下位に転落します。

データからわかる仮想通貨市場の傾向と対策

傾向

  • 仮想通貨全体が伸びる年と低迷する年がある
  • とくに全体が伸びた年のあとは低迷する傾向がある
  • 全体の流れとは関係なく高騰する通貨もある
  • 高騰する時期を逃すとリターンは一気に低下する

対策

  • 市場全体が伸びた次の年に高いリターンを求めるのなら市場全体に賭けるより、その年伸びそうなものに大きく賭ける
  • 低迷しているときにこそ次の高騰に備えて積極的に投資する
  • 高騰する時期を逃すとリターンは一気に低下するのでタイミングをはかるよりホールドし続けたほうがよさそう

それが、できるなら苦労しないのでしょうが、そうした傾向があることは頭の中に入れておいても損は無いと思います。

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-仮想通貨
-, , ,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.