仮想通貨

仮想通貨の値動きがバブルっぽいので過去のバブルと比較してみた

投稿日:

2017年末から18年の初めまではお祭りムードだった仮想通貨市場もここのところバッドニュースが続いています。

それにともない仮想通貨全体の時価総額も下落が鮮明になってきています。

仮想通貨全体の時価総額はピーク時の7958億ドルから2018年1月の安値では4538億ドルへと減少しました。

半分にはなっていませんが、率にして43%弱の時価総額が失われたことになります。

この記事では、過去の株式市場や不動産市場のバブル崩壊でどのくらいの時価総額が失われたのかを調べ、今回の仮想通貨市場の下落と比較していきます。

 

仮想通貨市場におけるバブルの様相

仮想通貨市場の下落額

これをみると現時点での底を基準にみると減少額は3420億ドル、率にすると42.97%ということになります。

今度は、この下落がどのくらいのものなのか過去の株式市場の下落や不動産バブルの崩壊などの例とともにみてみましょう。

株式市場のバブル崩壊のケース

減少額(兆ドル) 減少率
リーマンショック 25.8 45.30%
ITバブル 6.4 24.20%
欧州危機 14.2 23.50%

ここ最近の大きなバブル崩壊で記憶に新しいのは100年に1度のものといわれたリーマンショックです。

このときの下落で世界の株式市場の時価総額は25.8兆ドル、率にして45.3%減少しました。

下落率でみると今回の仮想通貨の下落率と似たものになります。

金額でいうと25.8兆ドルの減少ということなので、今回の仮想通貨の減少額の75倍以上の時価総額がふっとんだことになります。

参考記事:

不動産バブルのケース

次に不動産のバブルのケースをみてみましょう。

日本の不動産バブル

1998年末の土地資産総額はピーク比で794兆円、株式資産総額は同じくピーク比で574兆円減少している[14]。1980年末のバブル崩壊以降、日本の不動産の時価は600兆円以上暴落した[15]。日本全体の土地資産額は、1990-2002年で1000兆円減少した[16]。バブル崩壊で日本の失われた資産は、土地・株だけで約1400兆円とされている[17]。内閣府の国民経済計算によると日本の土地資産は、バブル末期の1990年末の約2456兆円をピークに、2006年末には約1228兆円となりおよそ16年間で約1228兆円の資産価値が失われたと推定されている[18]。
wikipediaより引用

土地資産でいうとピーク時2456兆円だったものが、2006年には1228兆円だったのでちょうど半分になった計算になります。

1228兆円は1ドル=110円換算で11.16兆ドルということになります。

減少額としては、欧州危機によって失われた株式市場の富と同じくらいの規模ということになります。

サブプライムバブル

さきほどの株式市場の欄でも言及したリーマンショックは、サブプライムローンによる不動産バブルとその崩壊が原因となりました。

住宅価格は 2006年のピークから 20% 下落し、更に先物市場は 30~35% の潜在的な下落を示唆していた。米国の住宅エクイティの合計は 2006年に最高額 13兆ドルを記録した後 2008年半ばには 8兆8千億ドルに落ち込んでおり、更に 2008年末になってもまだ下がり続けていた。

引用:wikipedia

ここを読むだけでは、最終的にどこまで下がったかはわかりませんが、とりあえずここに書かれている金額をベースに考えると下落額は4兆2000億ドル、率にすると32.3%の下落ということになります。

こうしてみてみると、日本の不動産バブルとその後の低迷のすさまじさがわかりますね。

今回は、とりあえずサブプライムバブルのケースで比較してみましょう。

4兆2000億ドルというのは今回の仮想通貨の下落額3420億ドルの12.28倍の規模ということになります。

下落率でいうと32.3%の下落なので仮想通貨の下落率より軽微であったということができます。

 

この記事のまとめ

  • 株式市場や不動産バブルとその後の崩壊との比較という意味では、今回の仮想通貨の下落は率としてはそろそろ底かもしれない
  • 大きな富が失われたことは間違いないが、リーマンショックの時と比べるとたいしたことはない
  • ITバブルの時と比べても今回失われた金額は約1/21に過ぎない
  • ただし、昨年の上昇率を考えると、株式市場や不動産とは違う動きをする可能性もある

まとめると

たしかに今回の下落は大きなものではあったけど、仮想通貨マーケットの規模がまだたいしたことはないのでたいしたことはない。

本当のバブルとその崩壊はまだまだ先。

ということになります。

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-仮想通貨
-, , ,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.