仮想通貨 読書

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』お金と感情とテクノロジーの未来

投稿日:

2017年は仮想通貨とその裏にあるブロックチェーンに大きな関心が集まった年でした。

仮想通貨は大きな値上がりを見せましたが、これについては懐疑的な人も多く「バブルだ」という声も上がりました。

ビットコイン

本当にそうなのでしょうか?

そもそもなぜ仮想通貨に注目が集まっているのでしょうか?

さらには、「お金」とは一体なんなのでしょうか?

 

こういった疑問に的確にそしてわかりやすく答えてくれる本はそれほど多くありません。

しかし、今回紹介する佐藤 航陽さんの『お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)』は、テクノロジーの流れから人間の心理までを内包しつつ、これらの疑問に答えてくれている良書です。

 

アマゾンでのレビュー数が短期間で200を超えていますが、それも納得できるものになっています。

本記事では、この本の重要ポイントをまとめつつ、読んだ感想を書いていきます。

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方』の重要ポイント

 

  • 未来の方向性を決める主要なベクトル→お金、感情、テクノロジー
  • 新しいものが出てきたときに既存の常識にこだわるのは危険
  • 人間を動かす欲望→本能的欲求、金銭的欲求、承認欲求
  • 経済とは簡単に言うと「人間が関わる活動をうまく回すための仕組み」
  • 持続的かつ自動的に発展していくような「経済システム」の共通点→ ①インセンティブ、②リアルタイム、③不確実性、④ヒエラルキー、⑤コミュニケーション
  • 製品やアイディアで勝負する時代から、ユーザーや顧客も巻き込んだ経済システム全体で競争する時代へ
  • 自然の構造に近いルールほど社会に普及しやすく、かけ離れた仕組みほど悲劇を生みやすい
  • 今後は「創発的思考」とも言える思考体系が必要になってくる
  • ハイパーコネクティビティ
  • 中国で最も稼ぐと言われているインフルエンサーの年収は50億円を超える
  • 「自動化」と「分散化」が今後10年を考える上で重要になる
  • 「お金」そのものがコモディティ化し、重要性が低くなる
  • 一方、信頼や時間や個性のようなお金では買えないものの価値が、相対的に上がってきている
  • 金融の枠組みはどんどん現実世界の価値を正しく認識できなくなっている
  • 大半の労働は機械によって自動化され、人間はお金や労働から解放される
  • お金や経済を扱うためには、お金と感情を切り離して1つの「現象」として見つめ直すことが近道

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方』の感想

メタップスHP

著者の佐藤 航陽さんはメタップスという上場企業の創業者でもあります。

メタップスの企業理念に「テクノロジーでお金と経済のあり方を変える」というものがあります。

この2つのキーワード、テクノロジーとお金(あるいは経済)は、本書でもメインテーマとなっています。

 

斉藤 賢爾さんの『信用の新世紀 ブロックチェーン後の未来 』にもあったように信用の代替品でしかない貨幣は、テクノロジーによってその価値を失っていくというのは、ほぼ既定路線になりつつあるように思います。

 

なぜなら、インターネットとブロックチェーンがさらに発展していけば、信用そのものを改ざんされることなく表すことができるようになるからです。

 

そして、それが意味するところは、中央集権体制から自立分散型の社会への移行ということになります。

これが実現すれば、少なく見積もっても農耕社会への移行以来の大転換となります。

 

経営学の巨人、故P.F.ドラッカー氏が現在は断絶の時代と言っておられましたが、まさに現在から早ければ2030年、おそくても2040年くらいには社会はいまのそれとは大きく異なるものになっているでしょう。

 

その社会では、ベーシックインカムが導入されており、最低限の生活をするために働く必要はなくなっているでしょう。

人間は、糧を得るための仕事から解放され、自分のやりたいことを追究できる環境を手に入れているということです。

それは幸せなことかもしれませんが、同時に多くの人間の仕事はAIに奪われていると思われるので、人生のやりがいなどを見つけられなくなっている可能性もあります。

そんな中で、自分の好きなことを見つけられている人とそうでない人とでは、収入面や幸福感でも大きな格差が生まれていることでしょう。

今から次の時代で生きていくための準備をしていく必要がありそうです。

 

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-仮想通貨, 読書
-, , ,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.