資産運用

5000万円貯めるためには毎月どのくらいの貯蓄が必要なのか

投稿日:

だいたいいくらお金があれば安心して生きていけるかは人によって違うと思いますが、多くの人にとって目標の一つになるのは1億円でしょう。

1億円あれば利回り5%で運用すれば500万円の利益が出るので普通に暮らしていく分のお金は運用でまかなえるようになります。

しかし、さすがに1億円への道は遠く長い。

なのでこのブログでは半分の5000万円を第一の目標にしています。

では、その5000万円を貯めるためには毎月どのくらいの積立が必要なのでしょうか。

お金を育てる

5000万円貯めるために必要な運用利回りと毎月の積立額

運用利回り/運用年数 20年 30年
0% 208,333 138,888
3% 150,549 85,029
5% 120,010 59,728
7% 94,988 41,224
10% 68,135 23,027

年間運用利回りが3%の人で20年間運用できるのであれば、5000万円貯めるのに必要な毎月の積立額は15万円ほどということです。

 

当然ながら同じ運用利回りでも運用できる期間が長くなれば毎月の積立額は少なくてもよくなります。上の表でいうと20年と30年とでは期間が1.5倍になっているので、利回り0%で必要な積立額は2/3ほどになっており、利回り10%では1/3ほどになっています。

 

つまり同じ目標であっても期間や運用利回りで毎月必要な積立額はかなり大きく変わってくるということです。

上の表でいえば、同じ5000万円という金額を目標にしていても期間20年利回り0%の人と期間30年利回り10%の人とでは毎月に必要な積立額は9倍も変わってくることになります。

 

資産運用は始めるのが早いほど有利ということはこういうことなのです。

目標の利回りを達成するための投資方法

それでは、その目標の利回りを達成するため何に投資すればいいかを見ていきましょう。

ここはあくまで過去のリターンを基準に個人の投資技術などは考慮せずに大まかな目安として書いています。

目標利回り 投資先
3% 国債
5% 国債、社債
7% 株式インデックス
10% 個別株式

 

3%の利回りを目指すなら米国債を中心とした先進国債券

米国債チャート

上のチャートはアメリカ10年ものの国債利回りを表しています。

2010年以降低い利回りとなっていますが、過去30年でみるとほとんどの期間で3%を上回っています。

 

5%の利回りを目指すのなら先進国の国債を中心に社債なども検討していく

5%の利回りを目指すのであれば国債や社債、あるいは低リスクの株式などへの投資が必要になってくるでしょう。

たとえば、FTSE/シティグループ 世界国債インデックスという世界の国債へ投資するインデックスの過去のリターンは次のようになっています。

FTSE/シティグループ 世界国債インデックス 除く日本 (円)

運用期間によってリターンにばらつきがありますが30年間のリターンは5%を超えています。

これに連動する投資信託やETFを中心に積立をしていけば5%のリターンを狙えそうです。

もう少しリスクを取るのであれば、社債や新興国の債券なども組み入れていくとよいかもしれません。

 

7%以上のリターンを目指すのであれば、株式などよりよりリスクの高い資産への投資が必要

7%以上のリターンを目指すのであればポートフォリオの中心は株式になってくるかと思います。

たとえば、MSCI コクサイ・インデックス (KOKUSAI)の過去リターンは次のようになっています。

MSCI コクサイ・インデックス (KOKUSAI)

これも期間によってリターンにばらつきがありますが、7%くらいのリターンであれば現実的だといえます。ただ10%のリターン届くか否かは運に左右されそうです。

 

10%以上のリターンを求めるのであれば、よりリスクの高い運用そして技術が必要になる

基本的には利回り7%までの運用であれば、対象のインデックスファンドやETFを淡々と何も考えずに積み立てていけば達成できると思います。

しかし、10%以上のリターンを恒常的に得るためには投資家の技量が求められてくると思います。

アセットアロケーションや投資先の組換えなど、よりアクティブな投資をしていくことが必須となるでしょう。

 

たしか株式マーケットのリターン平均は7%前後だったと思うので、残りの3%を投資家が作り出していく必要があるのです。

市場は常に効率的だというわけではありませんが、概ね合理的であるとすれば低リスク高リターンを実現するためには運用する側の能力が求められます。

基本的に投資にフリーランチはないと心得ましょう。

しかし、自分ならではの強みを活かすことができれば10%のリターンは不可能ではないと思います。

そのためにも勉強が欠かせません。最近読んだ投資に関する本では、ハワード・マークスの『投資で一番大切な20の教え』という本が素晴らしかったです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェットもこの本を賞賛しています。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また。

 

 

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-資産運用
-,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.