資産運用

投資とは収入をカネで買うことである

投稿日:

今の年収に満足していますか?今後も上がっていきそうですか?

この質問に2つともノーであるのなら、この記事を読む価値はあると思います。

 

今回の記事では、長期投資家が考えるべきインカムゲインの考え方を中心に、「カネで収入を買う」ということがどういうことなのかをまとめていきます。

投資とはいったい何でしょうか?

ウィキペディアによると「投資とは、主に経済において、将来的に資本を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す。」ということのようです。

この説明を見るとやはり思い浮かぶのははるかな尾瀬・・・

ではなく、キャピタルゲイン(売却益)ですね。

しかし、キャピタルゲインを中心に考えてしまうと相場が低迷した時に気持ちが維持できなくなってしまいます。

 

それよりかはインカムゲインの増大を中心に投資を考えた方が精神衛生上もよいと思います。

インカムゲインといえば株式投資では配当ということになりますが、ここではより広い概念として捉えてみます。

投資で考えるべき3つの収入

 

配当収入

配当は実際に自分の懐に入るので分かりやすいですね。

配当利回り5%の株を10万円分買ったとすると、年間の受取配当は5,000円です。(税は考慮せず)

同じく配当利回り5%で計算すると・・・

  • 100万円で5万円
  • 500万円で25万円
  • 1,000万円で50万円

の収入を買うことができるということです。

しかも、安定的に配当をしている企業の株であれば、一度買ってしまえばあとはほとんど何もせずにこれだけの収入を得ることができます。

残業することも、出世をめぐって同期と競争する必要もありません。

まさに不労所得ですね。

 

さらに受け取った配当で同じく配当を出してくれる企業の株式を買えば複利で配当も増えていきます。

元金100万円で配当利回り5%の企業に投資して、配当を全額再投資に回していくと下のグラフのように配当は年々増えていきます。(税金と配当利回りの変化は考慮していません)

経過年数と配当の増加

不労所得がさらなる不労所得を生む状態ができあがるわけです。

金持ちはずるいですね。

 

一株純利益(EPS)

もうひとつの考え方として一株あたりの純利益(EPS)を収入と考えることも出来ます。

EPSは実際に自分の懐に入るわけではないですが、重要です。

ここから配当になったり自社株買いにつながったり、企業内で再投資に回されます。

 

配当以外は自分の懐に入るわけではないので、自分の収入に入れるのはおかしい気がするかも知れません。

 

しかし、配当されたお金を自分で再投資するのと企業内で再投資するのは、投資する主体は違いますが、お金をもう一度投資してそれを利益の増加につなげるという意味では同じ行為です。

 

むしろ、配当には税金がかかる分、企業内で再投資されたほうがコストは低くなります。(つまり、あなたと経営者が同じ利回りをあげられるのであれば実質の利回りではあなたは負けてしまう)

 

投資の神様といわれるウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハザウェイ社も配当は出さずに再投資することで株主に大きな利益をもたらしてきました。

 

ただし企業内で再投資される場合は、その再投資が利益の増加につながっているかどうかが重要です。

現状を維持するための再投資であったり、間違った買収のために使われてしまっては利益の増加は見込めません。

だからこそ、配当を出さない企業への投資は、社内に留保された利益が有効に使われているかどうかをしっかり見きわめる必要があるのです。

 

具体例で考えてみます。

 

たとえば、配当なし、EPSが10円、株価が150円の株式があるとします。

先述した配当収入を基準にする考え方では、この株があなたにもたらす収入は0円です。

しかし、EPSを収入と見なす考え方であれば、この投資はあなたに10円の収入増をもたらすことになります。

EPSが増えていけば、あなたの見なし収益も増えていくことになります。

このケースであれば、株価が上がっていなくてもあなたの見なし収入は増えているわけですからまったく問題がないということがわかります。

 

 

売却益(キャピタルゲイン)

これは株式を売ったときの収入です。買ったときよりも株価が上がっていれば利益になり、下がっていれば損益になります。

 

キャピタルゲインは今回紹介する3つの利益の中では、もっともブレの大きなものになります。

大きな利益につながることもありますし、まったく利益につながらない(あるいは損になる)こともあります。

企業の決算でもそうですが、キャピタルゲインは継続的な利益としては処理されません。(投資銀行などは違うでしょうけど・・・)

つまり、キャピタルゲインは継続的なものではなく、あくまで一時的なものとして扱われるのです。

 

あなたがデイトレーダーを目指しているのであれば話は別ですが、長期の投資家を目指しているのであれば、キャピタルゲインはあくまで副次的なものとしておくのがよいでしょう。

 

「年収をカネで買う」をモデルで考える

これまでに紹介してきた概念を具体的なモデルにして考えてみます。

モデルとして次のような条件で運用しているAさんがいるとします。

  • 運用資産5000万円
  • 投資先の平均PER15(益回り6.66%)
  • 配当利回り4%
  • 値上がり益5%

この場合、Aさんの年間利益は次のように考えることができます。

  • EPSで考えた利益 333万円
  • 配当 200万円
  • 値上がり益 250万円

つまり、Aさんは5,000万円の投資をすることでこれだけの利益を買っているということができるのです。

これが、年収をお金で買うということの正体です。

 

そして、配当やEPSを増やすことを中心テーマにして投資をしていけば、あなたも株価に一喜一憂せずにすむようになるはずです。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

もしこの記事を読んで少しでもよかったと思っていただいたのなら、下のシェアボタンを押していただければ嬉しいです。

それではまた。

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-資産運用
-, ,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.