資産運用

【米国株】クラフトハインツ(KHC)に魅力を感じる5つの理由

投稿日:

インデックス投資が興隆しています。もちろんインデックス投資は長期的に安定したリターンが期待できるのでおすすめですが、どうせ投資をするのであればインデックスを少しでも上回る成績をあげたい。

そんな強欲な僕は、iDeCoとつみたてNISAでインデックス投資をして、それにプラスして個別株も買っていきます。

そのためには個別企業の分析が欠かせません。そこでこのブログでも僕が調べていく中でみつけた魅力的ないくつかの個別企業を紹介していきたいと思います。

今回、紹介するのは、クラフト・ハインツ(KHC)です。

この記事では、僕がクラフト・ハインツ(KHC)に魅力を感じる5つの理由をまとめていきます。

 

ハインツのホームページ

パフォーマンスが悪い

KHCの株価パフォーマンス

ここ2年のクラフト・ハインツ(KHC)とダウ、S&P500の比較チャートです。

2017年の夏以降大きく差をつけられていることがわかります。

このまま負け組になってしまう可能性はあるものの相対的に割安感がでてきているのは確かです。

PBRが低い

現在の株価61.54ドルで計算するとクラフト・ハインツ(KHC)のPBRは1.13倍です。

必ずしもPBR1倍が底値になるというわけではありませんが、下値の余地は限られていると考えられます。

過去のデータをみるとPBR1.5倍から1.84倍くらいの評価がついていたので現在の評価は相対的に割安だと判断できそうです。

KHCのバリュエーション

配当利回りが高い

現在の株価61.54ドルで計算すると前期の配当2.45ドルは配当利回り3.98%ということになります。

 

配当性向が高め(前期はやや例外で前々期は83.6%)なのが少し気になりますが、今期の予想EPS3.8ドルで考えると2.45ドルは配当性向64.4%なので十分にありえる数字だと考えられます。

 

高配当企業を集めたETFであるHDVの配当利回りが現在3.5%前後であることを考えてもそれを上回る配当利回りは魅力だと思います。

 

営業成績が安定している

将来のことは誰にもわかりませんが、過去8年間安定した売上と利益をあげているという点は安心材料になります。

クラフト・ハインツ(KHC)の過去の売上、営業利益、純利益をまとめたのが下のグラフです。

KHCの営業成績グラフ

 

フリー・キャッシュフローが潤沢

KHCのキャッシュフロー

キャッシュフローを見ても営業CFのほとんどがフリーCFとして残っている印象です。

2017年は、税金関係などイレギュラーな事情でフリーCFがマイナスになっていますが、今期は元に戻ってくると思います。

フリーCFは潤沢だと言うことはつまり、大きな設備投資が必要ではなく、あまった資金は株主還元につかうか買収につかえるということを意味します。

 

まとめ

 

以上の5つの理由からクラフト・ハインツ(KHC)は魅力的な企業だと僕は考えます。

これからどんどん成長していくような企業ではありませんが、毎年、安定した業績をあげて株主に還元してくれる可能性は高いでしょう。

また、現在の株価は相対的に割安感がある点も評価できます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

もしこの記事を読んで少しでもよかったと思っていただいたのなら、下のシェアボタンを押していただければ嬉しいです。

それではまた。

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-資産運用
-, ,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.