個別企業

フィリップモリス(PM)とアルトリア(MO)投資するならどっち

投稿日:

2018年4月19日に世界最大のたばこ会社であるフィリップモリス(PM)が18年1Qの決算を発表しました。

しかし、内容が期待外れのものだったためにフィリップモリス(PM)は-15%以上の暴落をみせました。

PMのチャート

きっと多くの配当目当ての個人投資家は狼狽したことでしょう。

安定的なキャッシュフローを稼ぐことができる企業でも買う時を間違えれば大きな損失につながるということは肝に銘じておきたいと思います。

 

この記事では代表的な高配当企業であるフィリップモリス(PM)とアルトリア(MO)を比較して、投資をするのならどちらがよりいいかを考えてみたいと思います。

フィリップモリス(PM)とアルトリア(MO)を株価推移で比較

PMとMOの株価チャート

過去5年間のチャートを見るとアルトリア(MO)が+82.11%なのに対してフィリップモリス(PM)は-10.15%と90%以上の差が出ています。

ここ1年の推移だとまた見え方は変わってきます。

PMとMOの株価チャート

アルトリア(MO)が-19.09%なのに対してフィリップモリス(PM)は-22.13%と僅差になりますが、要はどちらも負け組といった感じです。

ただ、より長期で見た場合の上昇率で見るとアルトリア(MO)が上回っているので、この勝負はアルトリア(MO)の勝ちですね。

 

フィリップモリス(PM)とアルトリア(MO)をPERで比較

次にPERをみてみましょう。

フィリップモリス(PM)の現在のPERは26.14で今期予想でいうと19.05となります。

過去のデータを見てみるとフィリップモリスのPERは13.11から26.14の範囲で推移しています。MOのPER推移

ここから考えると現在のPER26.14は上限になっており、半分くらいの株価になる可能性は十分にありえそうです。

 

一方のアルトリア(MO)の現在のPERは12.05で今期予想でいくと15.95ということになります。

こちらも過去のデータを見てみるとPERは8.95から25.42の間で推移しており、現在の12,05というPERは比較的低めの数値となっています。

MOのPER推移

よってPERからみた割安度、下値の限定度ではアルトリア(MO)が優位だと言えそうです。

 

フィリップモリス(PM)とアルトリア(MO)の配当利回りを比較

フィリップモリス(PM)とアルトリア(MO)への投資を考えている人は主に配当狙いだと考えられます。

そこで配当利回りについても比較して見たいと思います。

現在の配当利回りは以下の通りです。

  • フィリップモリス(PM):4.22%
  • アルトリア(MO):4.12%

配当性向についてもみておきましょう。

フィリップモリス(PM)は2008年からずっと増配が続いてきていますが、2017年の配当性向は92.49%となっておりかなり無理をしている感じがします。

PMの配当性向

また2016年からは自社株買いがなくなっています。

一方のアルトリア(MO)の配当性向は2017年で31.2%であり、まだ余裕があることが読み取れます。

MOの配当性向

さらに2017年は2.11%の自社株買いも行っており、トータルでみた株主還元ではフィリップモリス(PM)を上回っています。

よってこちらの勝負もアルトリア(MO)に軍配が上がります。

 

結論

フィリップモリス(PM)を買うぐらいならアルトリア(MO)を買うべし

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

もしこの記事を読んで少しでもよかったと思っていただいたのなら、下のシェアボタンを押していただければ嬉しいです。

それではまた。

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-個別企業
-, , ,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.