ワンタップバイ

One Tap BUY(ワンタップバイ)とSBI証券とのコスト比較

更新日:

1000円から気軽に株式投資できることで人気になっているOne Tap BUY(ワンタップバイ)

手数料も定額でわかりやすくなっていますが、果たしてOne Tap BUY(ワンタップバイ)の手数料は本当に安いのでしょうか?

今回はネット証券の雄、SBI証券との比較をしてみたいと思います。

One Tap BUY(ワンタップバイ)

取引手数料はどちらが安いか?

One Tap BUY(ワンタップバイ)では、売買手数料はかかりませんが、売買の際にスプレッドが発生します。

その時点の株価に0.5%(購入の際は増額、売却の際は減額)のスプレッドがかかるので往復で1%の手数料がかかることになります。

 

比較としてSBI証券の米国株手数料はどうなっているとかいうと0.45%(下限5ドル、上限20ドル)となっています。

では、具体的に比べてみましょう。

※1ドル=110円で計算

購入金額 One Tap BUY SBI証券
1万円  50円  550円(5.5%)
5万円  250円  550円(1.1%)
10万円  500円  550円(0.55%)
20万円  1000円  899円 (0.45%)
50万円  2500円  2200円(0.44%)
100万円  5000円  2200円(0.22%)

だいたい10万円分の購入で両社の取引コストは同等になります。

そして、それ以後はややSBI証券の方が安くなり購入額50万円以降はSBI証券の手数料は上限になり割安になっていきます。

 

なのでおおよその目安としては一度の売買で10万円までであれば、One Tap BUY(ワンタップバイ)

10万円以上であればSBI証券での売買が有利だということになります。

 

為替手数料はどのくらいか?

米国株をはじめとする外国株の取引では円を外貨(たとえば米ドル)にかえなくてはいけません。

※円から買い付けできるサービスもありますが、これも実質的には円を外貨に換算しているので同じことです。

この時にかかるのが為替手数料です。為替手数料もスプレッドの形で負担するようになっています。

両社の為替スプレッドは以下の通りです。

One Tap BUY SBI証券
0.35円(0.318%) 0.25円(0.227%)

※()内の数値は1ドル=110円のときのコスト割合

こちらはややSBI証券の方が低コストになっています。

さらにSBI証券を使う場合、住信SBI銀行の外貨入金を利用すれば0.04円(定期積立だと0.02円)まで為替コストを圧縮できます

0.04円だと0.036%のコストということになります。(定期積立であればさらに半分)

 

ついでにいうと、One Tap BUYでは売買の度に為替取引が発生してしまうところもマイナスです。

購入時に為替取引が発生するのはもちろんですが、売却時も自動的に円に転換するので為替コストが発生します。

一方のSBI証券では、外国株を売却しても外貨のままおいておけるので為替コストを抑えることが出来ます。

なので為替手数料に関してはSBI証券に軍配が上がります

 

トータルのコストはどのくらいになるのか?

では、取引手数料、為替手数料をあわせたトータルのコストはどうなるでしょうか?

下の表をみてください。

One Tap BUY SBI証券(通常)
SBI証券(住信SBI経由)
1万円
0.818%
5.727% 5.536%
5万円 1.327% 1.136%
10万円 0.777% 0.586%
20万円 0.677% 0.486%
50万円 0.667% 0.476%
100万円 0.447% 0.256%

だいたいですが、10万円を境にSBI証券のほうが低コストでの取引が可能になっています。

そして先述したとおり、One Tap BUYでは売買の度に為替コストが発生してしまう点が大きなデメリットだといえそうです。

 

結論

では、One Tap BUYはダメなのかというとそんなことはありません。

やはり千円単位で株を買える点は大きな魅力です。

まとめると…

  • 数千円や1万円くらいの取引であればOne Tap BUYがおすすめ
  • SBI証券での取引であれば最低5万円くらい、できれば10万円以上の購入が望ましい
  • 長期的に米国株での資産形成を考えているのであればSBI証券のほうが優位

このような結論になると思います。

最初はOne Tap BUYで手軽に投資を始めてみる。そして運用できる資金が増えていくとともにSBI証券をはじめとするネット証券に移行していくというルートがいいのではないでしょうか。

 

関連記事

One Tap BUYで買える30の米国企業の中から割安度、成長度などの指標から特におすすめできる企業をランキング形式で紹介しています。

One Tap BUY(ワンタップバイ)で買えるおすすめ米国企業

One Tap BUYで買える企業の中でもおすすめ企業のひとつがウォルト・ディズニー社。

ウォルト・ディズニーの2018年Q2決算

 

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-ワンタップバイ
-, ,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.