ソフトバンクグループ(9984)

ソフトバンクグループ(9984)の事業内容と業績

投稿日:

ソフトバンクのロゴ

この記事では日米の通信事業や巨大ファンドの運営などをおこなうソフトバンクグループ(9984)の事業内容や業績についてまとめています。

本記事は四半期決算と同じくらいの頻度で更新していく予定です。

※現在は2019年Q1決算をうけた内容になっています。

ソフトバンクグループ(9984)について

ソフトバンクグループは、1981年に設立された企業で日米での通信事業が中心。傘下にヤフー英ARMなど。

持ち分適用会社に中国アリババがあります。

2018年3月期の決算では、売上9兆1587億円、営業利益1兆3038億円。

10兆円のファンドが今後の大きな柱になるか注目。

2019年Q1の事業別営業利益

ソフトバンクグループの事業別営業利益

同社決算説明資料より

ソフトバンクが攻める新領域の事業

ソフトバンクの新領域

同社決算説明資料より

ジョイントベンチャー、出資などを通じて新領域への攻勢を強めていることがわかります。

当ブログでもたびたび記事にしているワンタップバイもソフトバンクの子会社なのですね。

 

ソフトバンクグループ(9984)の通期業績推移

過去10期の通期決算

ソフトバンクグループの通期業績

※マネックス証券銘柄スカウターより

ここ10期で売上は3.4倍、営業利益は3.6倍になっています。

一株当たりの数値で言うとEPSは24倍、BPSは13.9倍になっています。

過去10期のキャッシュフロー

ソフトバンクグループのCF

※マネックス証券銘柄スカウターより引用

以前からソフトバンクグループは攻撃的な財務戦略をとっていますが、とくにここ5期ほどは大きな投資CFのアウトがあります。

決算説明の際にもありましたが、現在はデジタルサービスの時代からAIの時代への転換期にあり、そのAIの時代に向けた投資であることは明白でしょう。

その結果の成否については今後5年くらいで見えてくるのではないでしょうか。

 

ソフトバンクグループ(9984)の株価と時価総額

株価チャート

ソフトバンクグループ(9984)の株価チャート

ここ10年で株価は約5倍になっています。

 

時価総額

ソフトバンクグループはかなりユニークな企業で通信会社でありながら投資会社でもあります

なので同業他社比較というのが難しいのですが、ここでは日本の通信会社の親玉NTTとアメリカの雄AT&T、投資会社ということでバークシャー・ハサウェイ、あと現在、世界一の時価総額を誇るアップルを比較対象に選びました。

ソフトバンクグループと同業他社の時価総額

※NTTとソフトバンクグループの時価総額は1ドル=110円でドルに換算しています。

およそNTTとは同額であり、AT&Tの半分、バークシャーの1/5、アップルの1/10ほどの規模であることがわかります。

ソフトバンクグループ(9984)のことを学べる書籍

ソフトバンクについては多くの書籍が出ているので事業のこと創業者である孫正義さんのことを知ることができます。

ここではその中からいくつかを紹介します。

杉本 貴司 日本経済新聞出版社 2017-06-15
売り上げランキング : 8270

by ヨメレバ

 

佐野 眞一 小学館 2014-09-05
売り上げランキング : 81977

by ヨメレバ

 

ソフトバンク 新30年ビジョン制作委員会 ソフトバンククリエイティブ 2010-10-02
売り上げランキング : 319566

by ヨメレバ

 

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-ソフトバンクグループ(9984)
-, ,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.