ワンタップバイ

One Tap BUY(ワンタップバイ)で買える米国企業の規模ランキング

投稿日:

ウォール・ストリート

当ブログでは、One Tap BUY(ワンタップバイ)で買える米国企業の様々なランキングを作成しています。

これまでには、配当利回りランキングや利益率ランキング、過去リターンランキングなどを記事にしてきました。

今回は企業規模のランキングを作ってみました。

売上高、営業利益、時価総額の3つの指標でみる企業規模を見てみましょう。

売上高ランキング

企業の価値を決めるのは、利益やキャッシュフローですが、社会への影響力という意味では売上の規模もバカにはできません。

単位はミリオンドルです。

上位5社

  1. Exxon Mobil(エクソンモービル) 237,162
  2. Apple(アップル) 229.234
  3. Amazon(アマゾン) 177,866
  4. GM(ゼネラルモーターズ)145,588
  5. Costco(コストコ) 129,025

エクソンモービルやGMなどオールドエコノミーの代表格がランクインしています。

1位のエクソンを追撃するのがアップルとアマゾンという新興勢力となっています。

今やコストコの売上はGE(売上6位)を上回っていることに驚かされます。

下位5社

  1. Twitter(ツイッター) 2,443
  2. Tapestry(タペストリー) 4,488
  3. Xerox(ゼロックス)10,189
  4. Tesla(テスラ) 11,759
  5. Gap(ギャップ) 15,855

のちに見る時価総額ランキングでは、GMを抜いているテスラも売上規模では、GMの1/10以下になっています。

ツイッターは売上規模1位であるエクソンモービルの1/100ほどの売上規模ということになります。

営業利益ランキング

営業利益は、本業の儲けを示す指標です。

売上から原価を引き、そこから販管費などを差し引いたものです。

単位はミリオンドルです。

上位5社

  1. Apple(アップル)61,344
  2. Microsoft(マイクロソフト) 35,058
  3. Alphabet(アルファベット) 28,882
  4. Facebook(フェイスブック) 20,203
  5. Intel(インテル) 18,320

次に見る時価総額ランキングでは2位に入っているアマゾンがここには入っていません。

アマゾンは営業利益で見ると21位になっています。

下位5社

  1. Tesla(テスラ) -1,632
  2. Twitter(ツイッター) 39
  3. Tapestly(タペストリー) 787
  4. Xerox(ゼロックス) 857
  5. Gap(ギャップ) 1,479

唯一の営業赤字企業テスラが堂々の1位にランクインしています。

順位の入れ替わりは多少あるものの売上規模の小さい企業がそのままランクインしています。

時価総額ランキング

時価総額とは、その企業を丸ごと買う場合の価格です。

株価×発行済株式数で求められます。

単位はミリオンドルです。

上位5社

  1. Apple(アップル) 1,011,540
  2. Amazon(アマゾン) 914,701
  3. Alphabet(アルファベット) 859,663
  4. Microsoft(マイクロソフト) 829,834
  5. Facebook(フェイスブック) 524,001

堂々の1位は先日、時価総額が1兆ドルを超えて話題になったアップルです。

上位4社はまだまだ混戦模様で、来年の今頃には入れ替わっている可能性もありそうです。

下位5社

  1. Xerox(ゼロックス)6,754
  2. Gap(ギャップ) 12,466
  3. Tapestry(タペストリー) 13,850
  4. Twitter(ツイッター) 24,656
  5. HP(エイチピー)38,466

ワーストワンは、ゼロックスでした。

ゼロックスと言えば、富士フィルムによる買収が提案されていましたが、暗礁に乗り上げているようです。

 

まとめ

この記事では、One Tap BUY(ワンタップバイ)で買える米国企業の規模をつかむために売上、営業利益、時価総額の3つの数値を見てきました。

売上規模では、エクソンモービルやGMなどのオールドエコノミー産業が上位にランクインしていましたが、営業利益、時価総額のランキングでは軒並みIT産業、ハイテク産業が上位を占めていました。

時価総額ランキングは時代とともに移り変わりいくので今後もこの傾向が続くとは限りませんが、現時点ではFANGの強さが際立っていますね。

さて、当ブログでは、One Tap BUY(ワンタップバイ)で買える企業の記事を書いていますので、そちらも読んでみてください。

 

 

 

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-ワンタップバイ
-, ,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.