読書

オーディオブック比較 あなたはオーディブル派?それともaudiobook.jp派?

投稿日:

日本の二大メジャーオーディオブックサービスのAudible(オーディブル)とaudiobook.jp(旧Febe!)についてまとめた記事になります。

オーディオブックって何?という人からオーディオブックを始めたいけどどちらのサービスがいいの?という人に向けて書きました。

 

料金体系

audiobook.jpの料金体系

audiobook.jpの料金体系は主に月額聴き放題プラン、月額会員プラン、普通会員プランの3つです。

それぞれどのようなものか見ていきます。

月額聴き放題プラン

月額750円で対象のオーディオブックが聴き放題になるサービスです。

アマゾンのKindle Unlimitedのオーディオブック版だと思っていただけるとわかりやすいかもしれません。

一例ですが、現在、下のようなオーディオブックが聴き放題の対象になっています。

audiobook.jp 聴き放題

定額でいろいろなオーディオブックを聞いてみたいという人におすすめです。

また、とりあえず、オーディオブックというものを試してみたい人は、今なら30日間無料で体験もできるので試してみることをおすすめします。

30日間無料でオーディオブックが聴き放題! audiobook.jp

月額会員プラン

月額会員プランというのは、月額会費324円〜32,400円を支払うことでそれに応じたポイント(ボーナス込み)が貰えるものです。

そしてそのポイントでオーディオブックを購入することになります。

具体的にみてみましょう。

税込価格 獲得ポイント 内ボーナスポイント ボーナス率
月額会員300 324 350 26 8.0%
月額会員500 540 600 60 11.1%
月額会員1000 1,080 1,200 120 11.1%
月額会員2000 2,160 2,400 240 11.1%
月額会員5000 5,400 6,300 900 16.7%
月額会員10000 10,800 13,000 2,200 20.4%
月額会員20000 21,600 27,000 5,400 25.0%
月額会員30000 32,400 40,500 8,100 25.0%

高額になればなるほどボーナス率も高くなっていきます。

あとは自分が毎月どのくらいのオーディオブックを聞くことができるかで決めることになります。

audiobook.jpでのオーディオブックの価格は、1,500円前後のものが多いのでそれを基準に考えてみます。

  • 月に1冊前後:月額会員1000または2000
  • 月に2冊前後:月額会員2000または5000

といったことになるかと思います。

また、audiobook.jpでは頻繁にセールを行なっているので、500円とか800円でオーディオブックを手に入れる機会が多くあります。

普通会員プラン

普通会員プランは、その都度で欲しいオーディオブックを購入するスタイルです。

月額会員プランの場合にはつくボーナスポイントがつかないので、その分は割高になってしまいます。

それほど定期的にオーディオブックを聞くわけではない人はこちらでも良いかもしれません。

一例になりますが、川村元気さんの『億男』は1,512円となっています。

また、オーディオブックの活用術を学ぶことができるこちらの作品は無料で試すこともできますのでおすすめです。

Audible(オーディブル)の料金体系

Audible(オーディブル)は月額1,500円で月に一枚のコインを購入し、そのコインと好きなオーディオブックを交換するコイン制になっています。(2018年8月28日に聴き放題制から移行)

会員にならなくても単品で購入することもできますが、多くの作品が2,000円以上なので会員になりコインと交換した方がお得です。

例えば、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』のオーディオブックは、非会員で6,000円、会員価格で4,200円となっていますが、コインで購入すれば、1,500円ですみます。

ハリーポッターのオーディオブック

また、コインは入手から6ヶ月有効なので「今月は忙しくてオーディオブックを聞く時間がない」という時も翌月以降に使うこともできるので無駄になりません。

月額会員にはその他にも下のようなメリットがあります。

  • オーディオブックが30%offで購入できる
  • 追加料金なしの会員向けコンテンツ
  • 聴き始めてからでも交換可能

上の『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の商品画像を見てもらってもわかるように会員価格と非会員価格は異なります。

月に1冊ペースであればコインと交換するオーディオブックのみで問題ないのですが、それ以上欲しい時は別途購入する必要があります。

その時に会員なら定価の30%オフで購入できるので大きなメリットだと言えます。

 

また、追加料金なしの会員向けコンテンツには、ビジネス書の要約やニュースなどから松本人志の「放送室」や落語などのコンテンツが用意されています。

Audibleの会員向けコンテンツ

 

さらに、会員なら聴き始めてからでもオーディオブックを交換することができます。

聴き始めたもののいまいち面白くないなどの場合は交換できるので安心です。

 

今なら30日間無料でAudible(オーディブル)を試すことができます。

おすすめのコンテンツ

audiobook.jpのおすすめコンテンツ

出光興産創業者の出光佐三をモデルにした小説。

アイデアと行動力、そして人を鼓舞する強い言葉でゼロから巨大企業を作り上げた男の生き様が描かれている。

作者の百田尚樹の作品としては「永遠の0」のオーディオブックになっていてこちらもおすすめ。

世界的なベストセラー。

人生100年時代を生きる私たちは過去のモデル(大卒→一つの企業で定年まで働く→年金での老後生活)は通用しない。

これからは、人生の中で様々なキャリア、仕事をやり、そして学び続ける必要がある。

そして、皆と同一のプランではなく、自分だけのプランを作り実行していくことが求められるのである。

樋口一葉の唄の師匠として知られる歌人・中島歌子の半生を通じて幕末から明治に生きた女性の生き様が描かれている。

愛する人を想う女性の気持ち、人間の残酷さ、そして生きることの意味などいろいろ考えさせられる。

 

より詳しくaudiobook.jpのおすすめコンテンツを知りたい人はこちらの記事が参考になります。

人生最高のオーディオブック10選

Audible(オーディブル)のおすすめコンテンツ

「君の名は」のオーディオブック

爆発的な大ヒットになった新海誠の「君の名は。」の小説。

映画とは一味違った声だけの世界で楽しめる。

Audibleのレビューもかなりの高評価。

「多動力」のオーディオブック

こちらはビジネス書としては驚くほど売れている堀江貴文(ホリエモン)の「多動力

相変わらずかなりエッジの効いたトーンでズバズバ本質をついています。

本書は仕事術のオーディブックであると以上に「どのようにして人生を楽しむか」についてが語られています。

Audibleウェルカムパック

オーディブルにはウェルカムパックとしていくつかのオーディオブックがセットになった商品も用意されています。

かなりの高額になりますが、コインで購入すれば1,500円でこれだけのコンテンツが楽しめるのは魅力的。

さらに言えば、30日のお試し期間でもこのウェルカムパックは購入できます。

つまり、無料でこれだけのオーディオブックが聞けるという出血大サービス。

30日間無料でAudible(オーディブル)を試してみる

 

なぜオーディオブックがいいのか?

ここまでaudiobook.jpAudible(オーディブル)という二大オーディオブックサービスについて書いてきました。

最後になりますが、なぜオーディオブックがいいのかについて簡潔にまとめておきます。

  1. 手や目が使えない時もインプットできる
  2. 苦手な分野の本にも挑戦しやすい
  3. 再読がしやすい
  4. プロの声優や俳優の声で楽しみながらインプットできる

まず、1についてですが、これが最大のメリットでしょう。

オーディオブックは耳さえ空いていればインプットをすることができます。

なので車の運転中や満員電車の中、そして家事をしている時なども時間を有効に使うことができます。

 

2についてですが、本を読むという行為は結構疲れます。

そして自発的に動かないといけないので、自分の苦手なジャンルなどには挑戦しにくいのです。

しかし、オーディオブックは「再生のボタン」さえ押してしまえばあとは自動的に流れてくるので心理的なハードルはかなり下がります。

僕も本ではなかなか手が伸びなかったドストエフスキーの「罪と罰」や科学系、仏教系の本をオーディオブックで聞きました。

これは同時に本を読むこと自体が苦手な人でもオーディオブックなら挑戦しやすいということでもあります。

 

3についてです。

オーディオブックはスラスラと効いていけるメリットがある一方、頭に残りにくいというデメリットもあります。

しかし、再読(オーディオブックだから再聴か?)のハードルも本の時よりも低いので何度も聞きましょう。

そうすることで、いつの間にか本の内容が頭に入ってきて自分の血肉になっていきます。

 

4についてですが、実はキンドルなどの電子書籍には読み上げ機能がついており、音で聞くことは可能です。

しかし、如何せん機械的な音なので没入感は得られません。

その点、オーディオブックはプロの声で聞けるのでびっくりするくらいの没入感を得られます。(特に小説)

最初はインプットのためにオーディオブックを聞いていたはずが、いつの間にか純粋に楽しいから聞く、に変わっていたというのが何年もオーディブックを聞き続けてきた僕の実感です。

 

アメリカに比べると日本ではオーディオブックはまだあまりメジャーではありません。

しかし、だからこそ他の人と差をつけたければ耳を使ったインプットは有効だと思います。

今ならaudiobook.jpもAudible(オーディブル)も無料で試すことができるのでまずは試してみてください。

きっと気がつけば日々のインプット量が増え、そして何よりも楽しみが増えるはずです。

audiobook.jpでオーディオブックを無料で体験する

Audible(オーディブル)でオーディオブックを無料で体験する

 

オーディオブックの活用についてはこちらの記事も参考になります。

通勤や通学の時間を有効に使いたいならオーディオブックが最適

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-読書
-, , ,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.