個別企業

シスコシステムズ(CSCO) 地味だけど社会のネットワークを支えるインフラ企業

投稿日:

この記事では、ワンタップバイやSBI証券で購入できる米国企業のシスコシステムズ(CSCO)について事業内容や業績についてまとめていきます。

調べていく中で、シスコシステムズはアップルやマイクロソフトほどの派手さはありませんが、社会に必要とされるインフラ企業の一つではないかと感じました。

割と成熟したビジネスに従事している同社ですが、クラウドやIoTなど新たな挑戦も始まっており、今後の同社の動きに注目していきたいと思います。

シスコシステムズの企業概要

シスコシステムズ HP

創業:1984年

上場:1990年2月

従業員数:74,200名

HP:https://www.cisco.com/

 

通信機器メーカーの世界大手。

柱は圧倒的シェアのネット接続用ルーター。

インドや中国に積極投資。

ソフトウェア、セキュリティーへの収益転換を加速。

業績概要

売上・営業利益・純利益

シスコシステムズ 業績概要

ここ3年間、売上、営業利益ともにほぼ横ばいとなっています。

FY2018の純利益は、一時的な税改正による費用負担のためグラフでは見えないほど小さいものになっています。(110百万ドル)

利益率・資本効率

シスコシステムズ 利益率・資本効率

粗利益率は60%台前半で推移、営業利益率は改善が見られFY2018では25.7%となっています。

ROEは14-18%くらいでの推移となっています。先述したとおりFY2018は例外的な数字になっています。

一株あたりデータ

シスコシステムズ 一株あたり数値

2018年にBPSが大きく減少しているのは自社株買いの影響だと思われます。

また、同年のEPSの減少は一時的なものによります。

一株あたりのフリーキャッシュフローは順調に伸びていてこの10年で1.7倍ほどになっています。

 

結論

シスコシステムズ 株価チャート

この記事を執筆している時点でのシスコシステムズの株価は47.34ドル。

予想PER15.82倍、配当利回り2.79%となっています。

そして、今後5年間の予想成長率は9.15%/年と見積もられています。

決して高い成長率とは言えませんが(マイクロソフトは13%/年、フェイスブックは17%/年)安定性とPERの低さを考えると保守的なポートフォリオにはよい選択かもしれません。

ただ、現状の株価水準は過去と比べるとやや割高であり、これが一時的なものなのかビジネス転換による期待を反映したものなのかは意見がわかれそうです。

著者は、後者であると期待しています。

注:当然のことですが当ブログの情報は情報提供のためのものであり、いかなる投資を推奨するものでもありません。投資は自己責任でお願いします。

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-個別企業
-, , , , ,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.