個別企業

過去最大規模のIPO ソフトバンク株は「買い」なのか?

投稿日:

12/19に上場予定のソフトバンクについて同社への投資を検討している人向けの記事を書きました。

この記事では、世界の携帯事業者との比較を通じて、ソフトバンク株に魅力があるのかどうかを確認していきます。

比較対象は、ドコモ、KDDI、ボーダフォン、AT&T、チャイナモバイルの5社です。

それでは、見ていきましょう。

時価総額

携帯会社の時価総額

注:1ドル=110円、1人民元=16.5円で換算しています。

今回、上場するソフトバンクの時価総額は7兆円ほどになる予定です。

これは、国内でいうとauを展開するKDDIと同じくらいであり、NTTドコモの7割ほどになります。

海外を見渡すとAT&Tやチャイナモバイルなどの巨人がいます。

 

売上と営業利益

携帯会社の売上・営業利益

次に見るのは、売上と営業利益です。

意外なことにドコモとKDDIは売上、営業利益ともにほぼ同程度になっています。

それと比べるとソフトバンクはやや見劣りします。

ここでもAT&Tやチャイナモバイルなどの世界のトップとは大きな開きが見られます。

 

PER(株価収益率)

携帯会社のPER

これをみるとソフトバンクのPERは世界的に見ても高めであることがわかります。

これを正当化するためには他社よりも高い成長性があることなどが求められますが、果たしてどうでしょうか。

ソフトバンク側もこうした批判は承知しているようで、つぎに見る配当利回りで投資家の関心を引きつけようとしているようです。

 

配当利回りと配当性向

携帯会社の配当利回り

今回のソフトバンク株の売り出しにあたって「配当利回り5%というラインが強く意識された」という 報道もありました。

たしかに国内他社に比べると1%以上配当利回りが高い点は魅力的かもしれません。

しかし、その配当水準が維持できるかどうかはよく検討したほうがよいでしょう。

国内・世界ともに配当性向(利益のうち配当に回す割合)はおよそ40%-50%くらいの会社が多いようです。

例外がソフトバンクとボーダフォンです。

ただ、ボーダフォンは業績のブレが大きすぎてなんだかよくわかりません。

携帯事業はたしかに儲かり、潤沢なキャッシュフローがでるビジネスだとは思います。

しかし、それなりの設備投資も必要になります。

そんななか85%もの配当性向が維持できるのか疑問を感じざるを得ません。

結論

たしかに、ソフトバンクは配当利回りをみると魅力を感じるかもしれません。

しかし、著者は次の2点から疑問を感じます。

  • 高配当を求めるのであればAT&Tのほうがより高い利回りを期待できる
  • そもそも親会社のソフトバンクグループが、子会社のソフトバンクを売る理由を考えるべき

携帯事業は規制に守られており、比較的業績が安定しています。

ある程度の配当は将来も期待して良いでしょう。

しかし、それほど大きな成長は見込めない点と配当性向が高い点から、将来も同程度の配当を受け取ることができるかは確信を持てません。

そういった意味では、規模も大きく、配当性向にも余裕のあるAT&Tのような会社のほうが魅力は高いように感じます。

 

また、IPOには、いろいろな利害関係者の思惑が絡みますが、今回のソフトバンクのIPOに関して言えば、親会社のソフトバンクグループがいますぐキャッシュが欲しかったということに尽きると思います。

その理由は、もちろんビジョンファンドへ投資するためです。

ビジョンファンドへの投資

つまり、ソフトバンクグループというか孫さんの頭の中では、

ソフトバンクから得られるキャッシュフロー<今回得た資金で投資して得られるリターン

という図式があるわけです。

つまり、本当に高いリターンを得たいのであれば、ソフトバンクではなくソフトバンクグループに投資するべき

というのが、著者の考えです。

もちろん、そちらの方がリスクも高くなるのでその点は留意しておく必要がありますが…

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-個別企業
-, , , ,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.