個別企業

スターバックスのFY19Q1決算 全体的には復調も中国では競争激化か

投稿日:

世界最大級のコーヒーチェーン店であるスターバックス(Nasdaq:SBUX)がFY19Q1決算を発表しました。

この記事では発表された決算内容を中心に見ていきます。

また、四半期業績の推移などもグラフにしているので確認しておきましょう。

決算ハイライト

南北アメリカ

スターバックス19Q1 アメリカ

  • 既存店売上高+4%
  • 店舗数+5%
  • 売上+8%
  • 営業利益+3%
  • 営業利益率22%

客単価の向上により既存店売上高が+4%と好調。

店舗数の増加と合わせて売上は8%成長したが、営業利益率がやや下がった。

中国・アジア・パシフィック

スターバックス19Q1 中国・アジアパシフィック

  • 既存店売上高+3%
  • 店舗数+13%
  • 売上+45%
  • 営業利益+13%
  • 営業利益率18%

売上高の大きな成長は中国東部におけるオーナシップの変更に伴うもの。

また、それによって営業利益率も23.3%から18%と大きく低下している。

既存店売上高が+3%と前年の+1%の成長から加速。

中国ではラッキンコーヒーという強敵がいるが、その中でどう存在感を発揮していけるかが課題。

中東・ヨーロッパ

スターバックス19Q1 中東・ヨーロッパ

  • 既存店売上高-1%
  • 店舗数+10%
  • 売上-1%
  • 営業利益-17%
  • 営業利益率10.1%

売上の比率は低いもののEMEAセグメントは弱いですね。

マージンの低さも気になります。

2019年度ガイダンス

  • 新規出店は2100店(南北アメリカ600以上、CAP1100そのうち中国は600、EMEA400)
  • 売上の成長は5-7%
  • GAAPによるEPSは$2.32-$2.37

四半期決算の推移

スターバックス四半期業績推移

緩やかですが成長が続いています。

売上の成長は軌道にのってきていますが、営業利益がまだそれについてきていません。

一時の低迷からは脱しつつありますが、本格的な成長が加速するかはもう少し見守っていく必要があります。

株価

finviz dynamic chart for  SBUX

株価は18年7月に安値を付けてからは上昇基調にあるように思います。

 

スターバックス 株価指標

記事執筆時のスターバックスの時価総額は830億ドル(約9兆1300億円)となっています。

だいたいNTTやNTTドコモと同じくらいですね。

予想PERは24倍と安くはないですね。

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-個別企業
-, , ,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.