資産運用

ブラジルのフィンテック企業パグセグロ・デジタルの2018年通期決算

投稿日:

2018年に上場したブラジルのフィンテック企業パグセグロ・デジタル(NYSE:PAGS)の2018年通期決算が発表されました。

IPO後初の通期決算ということになりましたが、70%を超える増収・増益を達成し、IPO時の目標値もクリアしました。

この記事では成長著しいパグセグロ・デジタルの決算についてまとめています。

成長企業を探している投資家の方やフィンテック関連に興味のある方に読んでもらえると嬉しいです。

決算概要

2018年通期決算(EPSを除き単位は百万)

  • 売上 4,334.7R$(+71.8%)
  • 税引前利益 1,217.6R$(+78.1%)
  • 純利益 910.4R$(+90.1%)
  • EPS(希薄化後)2.8582R$(+56.5%)
  • ドル換算0.77$
  • EPS(Non-GAAP希薄化後)3.3527R$
  • ドル換算0.90$
  • 営業CF -1,737.5R$

売上、利益ともに素晴らしい成長を成し遂げました。

急成長している企業なので致し方がない部分はありますが、営業CFがマイナスになっている点がやや印象が悪いです。

 

FY2019年の業績ガイダンス

  • GAAP純利益 R$1.182B-1.360B
  • 成長率30-49%

FY2019の業績予想では、30-49%の増益を予想しているとのことです。

アナリストの予想でも2019年通期は34%の成長を見込んでいるので、現時点ではこのくらいの成長が市場のコンセンサスになっていることは頭に入れておきたいところです。

パグセグロ2018決算

ちなみに業績予想については、あてになる場合とそうでない場合があります。

パグセグロ・デジタルの経営陣はIPO時の業績予想をしっかり達成してきているので、信頼してもよさそうです。

経営指標

パグセグロ2018経営指標

パグセグロは、決済手数料がメインと収入

売上=TPV(Total Payment Volume)×テイククレートという式が重要になってきます。

TPVはYoYで81%増加、テイクレートは0.25%下がって3%となっています。

TPVはさらにマーチャント数×店舗あたり平均利用額という式に分解できます。

マーチャント数はYoYで48.1%増加、平均利用額は19%増加となっています。

ライバルと目されるストーン(Stone)のテイクレートは1.9%前後なので、もしかするとテイクレートに関しては今後も低下していく可能性があります。(実際にこの1年で0.25%下がっている)

ただマーチャント数と平均利用額が増加傾向にあるので、まだ今後も成長が続く可能性は高いと思います。

懸念すべき点

  1. 営業CFがいまだに赤字
  2. 競争の激化

パグセグロは現時点で成長性の高さは素晴らしいものがあります。

今後数年は20-30%を超える成長を期待しても良さそうです。

しかし、懸念点もあります。

まずは、営業CFがマイナスになっているところです。

急成長しており、売掛金などの増加が原因だと思いますが、実際にキャッシュとして入金されていない利益が多いという点は注意しておいたほうがよさそうです。

また、この分野は競争が激しいことも考慮しておく必要があります。

現時点では、パグセグロ・デジタルは勝ち組ですが、この時代どこからディスラプションされるかわかったものではありません。

ただ、パグセグロ・デジタルは親会社がブラジル最大の検索サイトUOLであるという点は競争優位を得る上ではアドバンテージだと考えても良さそうです。

株価

finviz dynamic chart for  PAGS

決算をうけて株価は急騰しました。

ただ、上場後の高値からするとまだまだ低い位置にあると言えます。

PERは実績で34倍、予想で20倍前後となっています。

成長性から考えると魅力的な株価だと思いますが、市場はそれほど強気にはみていないようです。

いずれにせよ、今後の動向が気になるパグセグロ・デジタルから目がはなせません。

今後もライバルのストーンともどもウォッチしていきたいと思います。

参考:パグセグロ・デジタルIR

http://investors.pagseguro.com/Cache/1001248809.PDF?O=PDF&T=&Y=&D=&FID=1001248809&iid=9282297

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-資産運用
-, ,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.