個別企業

パトリック・インダストリーズのビジネスと業績まとめ

投稿日:

この記事では、キャンピングカー(RV)やボート用の内装資材などを販売するパトリック・インダストリーズのビジネスや業績内容についてまとめています。

※特に注記のない資料は同社IRのものです。また、業績データは同社資料とmorningstar.comを元に作成しています。

企業概要

パトリック・インダストリーズの部門別売上

創業:1959年

上場:1971年12月

社名:Patrick Industries,Inc.

ティッカー:PATK

従業員数:6,721人

URL:https://patrickind.com/

IR:https://patrickind.gcs-web.com/news-releases

住宅向けの建築資材とキャンピングカー(RV)の内装資材を販売している。

米国21州と中国で展開。

業績推移

通期業績概要

ここ10年間、増収率はプラスを維持しています。

10年間のうち30%以上の増収率を記録したのが6年となっています。

この10年間で売上規模は10倍以上になっています。

それにしてもこのグラフは売上に比べて、営業利益と純利益が小さくなっていてわかりにくいですね。

売上を除外したグラフにして確認してみます。

FY09こそ純損益でマイナスを出していますが、営業損益ではかろうじてプラスを維持しています。

その後は営業利益、純利益ともに拡大してきています。

営業利益率はここ数年7%半ば付近で推移しています。

おそらくこれ以上大きく上昇することはなさそうです。

一株あたりの利益

EPS、FCF/S(一株あたりのフリーキャッシュフロー)ともに順調に伸びていることがわかります。

FY09は純損益でマイナスになっているのでEPSもマイナスになっていますが、キャッシュフローベースではプラスでした。

2014年あたりからはフリーキャッシュフローがしっかり出せる体質になってきていることが読み取れます。

利益率と資本効率

ROEは継続的に25%以上を維持しており、かなり高い資本効率を維持しているといえそうです。

ROAはやや低下傾向にあります。

四半期業績推移

営業利益率は6.5%-8.7%の間で推移しています。

気になるのはFY18Q4の増収率が急低下している点です。

この期は世界経済に暗雲が立ち込め始めた時期ですので、次の期FY19Q1も同じ流れになっている可能性が高いと思います。

バランスシート

株主資本比率:33%

流動比率:2.24

資産、負債ともに長期のものが多めになっています。

流動資産で多くをしめるのが商品で273ミリオンドルとなっています。

固定資産では、のれん(282ミリオンドル)、無形資産(383ミリオンドル)の存在が大きいです。

キャッシュフロー

なんといっても目立つのは投資CFの大きさです。

単純化してお伝えするとここ数年、営業CFと借り入れで買収しまくっているという感じです。

攻めの経営ということなのでしょうが、逆回転しだすとのれんの減損などで大きなダメージを食らう可能性は頭の片隅においておいたほうがよいでしょう。

株主構成

パトリック・インダストリーズの株主構成

ブラックロック系が多く持っていますね。

5番目の大株主のTontine Associatesというのが、おそらく経営陣の持ち株だと思われます。

 

株価推移

finviz dynamic chart for  PATK

ここ5年間の高値は$70.4、安値は$16.59となっています。

順調に伸びてきた株価は2018年以降大きく下落しています。

その他資料

企業概要

パトリック・インダストリーズの概要

オーガニック成長率と部門別売上

パトリック・インダストリーズ 売上比率

オーガニック成長率だけでも平均16%の成長をしていて、さらに買収で上乗せしてきています。

主力のRVの比率がまだ65%と高いですが、年々低下してきています。(FY18Q4でRVの比率は58%)

マリン部門の伸びが凄まじいですね。

メイン顧客層の人口動態

パトリック・インダストリーズ 顧客層の人口

メイン顧客層(35歳から44歳)の人口が今後2030年にかけてかなり伸びてくるようです。

これは明らかに業界にはプラスとなりそうです。

ブログ村

↓押して頂けると著者の励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

本日もご精読ありがとうございました。

ウォールストリートジャーナル

★おすすめ情報★
投資で成功するためには情報への投資も大切です。
世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

僕も10年以上利用しています。IPOや米国株を中心とした海外投資を考えている人は口座開設しておきましょう。
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

パフォーマンスファースト広告



-個別企業
-, , ,

Copyright© Life is Investment 人生は投資だ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.